「だって、好きなんだもんっ。麻衣が、好きっ!」いつも気にして世話を焼いていた玲緒から突然の告白。思わず躊躇してしまうが、切なげな瞳を見た時、麻衣は自分の気持ちを気付かされる。「わたしも…玲緒が好きっ」互いに通じ合った想いは、夕方の保健室のベッドの上で恥ず ...続きを読む